【50年代】みんなが真似したオードリーヘップバーンのメイクとファッション

時代とともに変化するヘアメイクとファッション。かつて流行したスタイルは、時を経て再びトレンドとなります。今までになかったメイクやファッションの楽しみ方を見つけ、現代でも好まれるトレンドが次々と生まれた1950年代から2000年代のメイク&ファッションを振り返ります。

50年代の時代背景

1950~60年代はアメリカが最も輝いていた時代と言われ、戦勝国として好景気に恵まれていました。「黄金の50年代」と呼ばれたアメリカのメイクやファッションは、主に映画女優がお手本となりました。当時を代表する女優といえば、オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンロー、グレース・ケリーです。多くの人々が彼女たちのようなセレブに憧れ、メイクやファッションを真似しました。

メイクの特徴

当時のおしゃれのお手本は、「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を獲得し、「ティファニーで朝食を」など数々の有名な作品に登場したオードリー・ヘップバーンでした。今回は、彼女を参考にして50年代のメイクの特徴をご紹介します。

明るい肌色ながらも血色感が重視され、白く見えるピンク系のファンデーションが流行していました。オードリーヘップバーンはサラサラな陶器のような肌をしていて、厚塗り感がありません。ファンデーションを均等に薄く伸ばし、まっさらなベースづくりを心がけましょう。

眉頭から眉尻まではっきりとした、自然な太眉が特徴です。眉山がしっかりとられておりキリッとした印象もありますが、短めの長さと自然な太さがあることで柔らかい印象と相まって、エレガントな女性の顔立ちになっています。

目尻をはね上げるようにラインを引くキャットアイメイクが流行し、太く切長な目元が人気を集めました。下まつげにもたっぷりマスカラをつけ、より魅力的な目元になっています。

50年代メイクの口元の特徴は、真紅の口紅を引いているところです。真っ赤なリップといえば、マリリンモンローも有名ですよね。色っぽくもクラシカルなメイクが人気でした。

ファッションの特徴

1950年代に流行したファッションは現代でも通じるレトロ可愛さです。1947年にクリスチャン・ディオールが発表したニュールックが世界的に大流行し、日本でも真似されるほどの影響を及ぼしました。「ニュールック」とは、角ばった印象を与える肩パットが外され、丸みのある肩と胸、細く絞られたウエスト、ふんわりと広がったスカートが特徴的なシルエットのスタイルです。このスタイルの流行を皮切りに、クリスチャン・ディオールはシルエットを重視したスタイルを次々に発表しました。

また、ファッションリーダーでもあったオードリーヘップバーンが映画の中で履いていた八部丈のパンツも大流行しました。その映画の題名が「麗しのサブリナ」だったことから、「サブリナパンツ」と呼ばれ、日本でも真似をする人が続出しました。

50年代メイク&ファッションでレトロ可愛く♡

50年代メイク&ファッションをご紹介しました。当時人気の的となったオードリーヘップバーンやマリリンモンローを真似して、レトロ可愛いファッションやエレガントでクラシカルなメイクに挑戦してみてください♪

izumi

投稿者の過去記事

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

ピックアップ記事

  1. 皆さんはmoisteaneをご存知ですか?正直私は知りませんでした!しかし肌が綺麗な方にス…
  2. 今年2月にTWICEやITZYの妹分としてJYPからデビューしたNMIXX(エンミックス)…
  3. まつ毛パーマをしにいくときにメイクOKと言われるときありますよね。でも実際にメイクOKと言…
  4. 皆さんは網紅(ワンホン)を存知ですか?ここ最近美容に敏感なオシャレ女子さんたちの間で流行っ…
  5. 毎日消費する化粧品。コスパがいいに越したことはありませんよね!今回は500円で買えるおすす…
PAGE TOP