あなたがなりたいイメージは?ポニーテールでいつもと違う印象に!

出勤・登校の日の朝や雨の日、ヘアアレンジがめんどくさい日は、ヘアゴムひとつで簡単にできるポニーテールにしませんか?髪の毛をひとつにまとめるだけのポニーテールは、高さや質感を変えるだけで印象がガラリと変わります。シチュエーションや、なりたいイメージに合わせて変えてあげると、ただのポニーテールでもおしゃれに見えるんです。今回は、ポニーテールでイメージを変えるためのポイントをご紹介します!

高さで変わる印象

ポニーテールの印象を変えるのに一番大きく影響するのが高さです。見た目年齢や雰囲気も変えてしまうほど重要なポイントです。まずは3つの高さにわけて写真もあわせて見ていきましょう。

1.ゴールデンポイント

ゴールデンポイントとは、あごと耳の上を繋いだ延長線上を指し、一番高い位置です。本来ポニーテールが綺麗に見える理想の、基本の位置と言われているのがゴールデンポイントです。

ゴールデンポイントの位置で結ぶとこのように、若い印象を受けます。明るくハツラツとした感じ、元気な感じを出したければ、ゴールデンポイントの高さまでもっていくと良いです。左の写真のようなTシャツ×ジーンズのコーデにこの高さのポニーテールを合わせるとアクティブな女の子感が増しますし、右の写真のようなデニムジャケットに合わせるとガーリーさが良く合っておすすめです。

2.バックポイント

バックポイントとは、耳の位置からそれより少し上の頭の一番凸の部分を指します。ちょうど頭の真ん中あたりです。

頭のちょうど真ん中あたりになるこの位置は、一番カジュアルな印象にしてくれます。この後の、質感によって変わる印象のところでもご説明しますが、緩く結ぶとラフな感じがでて抜け感を演出できますし、しっかり結ぶと就活のときの髪型としても使えます。ポニーテールの中でも色々なシチュエーションに合わせやすい高さです。

3.ネープポイント

ネープポイントとは、襟足のあたりを指し、一番低い位置です。

低い位置で結ぶ、いわゆるローポニーと言われるポニーテールです。低い位置で結ぶと、大人っぽさ、上品さが出ます。落ち着いたロングスカートやワンピース、網目の大きくないニットなどと合わせると、大人感が増します。いつも子供っぽく見えてしまうという方や、年上彼氏とのデートで大人感を出したいというときなどにローポニーにすれば、普段とのギャップができて萌につながること間違いなしです。

質感で変わる印象

高さのほかに、質感を変えるとまた一味違う印象になります。一番高い位置のゴールデンポイントで結んだからといって、必ずしも元気ハツラツの女の子のイメージになるわけではないということです。高さを好みで選んで、質感で印象操作もできますので、わかりやすく2つの質感にわけてご紹介します。

ゆるふわ

根元から毛先までウェーブやカールをつけて、髪の毛をふわふわにし、手ぐしなどで結んで綺麗に引き出すと、ゆるふわ感が出てかわいくなります。例えば、ゴールデンポイントの高さで結んでゆるふわにすると、あざと可愛さがアップします。ローポニーの高さで結んでゆるふわにすると、大人可愛さが出せます。普段抜け感をあまり出さないという方は、休日のおでかけなどにゆるふわにすると、雰囲気がかなり変わってドキッとしちゃいます。冬はニットとの相性も抜群です。

+ワンポイント

リボンやカチューシャ、シュシュなどを合わせても可愛いです。

ストレート

ストレートのポニーテールにすると急に落ち着きが出ます。元気ハツラツ明るさが出るゴールデンポイントの高さでも、ストレートだと、大人びた格好よさがでて、クールな印象です。ローポニーでストレートだと、自然体な感じがでて不思議と目を引く雰囲気が生まれます。黒髪でロングだと、より映えるかもしれません。

+ワンポイント

ゴールドピンやシルバーピンなど金属系のアイテムが、格好よさを引き立ててくれます。

ちょこっとプラスアルファ

少しヘアアレンジに慣れてきたら、後れ毛を出してみると、また雰囲気が変わります。こめかみ、もみあげ、襟足の3ヶ所から良い感じに引き出して巻きます。ニュアンスを演出できるので、シチュエーションに合わせて試してみてください。また、前髪によっても印象は全く違うので、鏡を見ながらどんな感じで顔周りを飾るか、研究してみてください。

憧れのロングポニーテール

ここまでポニーテールについてご紹介してきましたが、そもそも結べるほど髪の毛が長くないという方、もっと長いポニーテールがしてみたいという方、いらっしゃいませんか?そんな時は、髪の毛を足しましょう。外国人のようなスーパーロングポニーが簡単にできちゃうとエクステがあるんです。

ポニーテールでいつもと違うあなたに

いかがでしたか?高さや質感で印象を変えられるのは、ポニーテールに限ったことではありません。おだんごやハーフアップでも同じことが言えます。ぜひ応用してみてください。最近は、以前よりも外に出られる環境に変わってきました。久しぶりのお出かけの際は、ヘアゴムひとつでできるポニーテールで、普段とは違うあなたになってみましょう。

izumi

投稿者の過去記事

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

ピックアップ記事

  1. 少し前にも誰かに話したくなる美容の豆知識の情報を、紹介しました!こんかいはその第2弾的な感…
  2. 梅雨の時期になるとジメジメして顔以外にも、肌トラブルになることありませんか?ケアしてもして…
  3. 最近プチプラでも登場しているコンシーラーペン。自然な涙袋が作れると話題になっています!目を…
  4. まつ毛が下がってくるとテンションも下がりますよね。特にこれからの湿気が増える季節は家を出た…
  5. どんなに可愛いアイメイクをしてもベースメイクが崩れてしまうと汚く見えてしまいます・・・。し…
PAGE TOP